資産家のための資産防衛・承継方法 メルマガ編 目次

  1. 初めに~節税計画の必要性
  2. 世界一高い日本の法人税
  3. 高い日本の所得税と安い日本の消費税
  4. 競争力を高めるための海外の税制改革
  5. 競争力を失う日本の税制
  6. 日本企業の対応
  7. 日本と海外の相続税
  8. オーナー経営者と資産家の資産防衛
  9. 各国の課税当局の考え方
  10. 日本企業の海外本社移転の可能性
  11. アメリカにおける国籍離脱問題
  12. モナコへのプロフェッショナル移住理由
  13. パーマネントトラベラーとは
  14. オフショアとは
  15. タックスヘイブンの4分類
  16. 日本の課税の仕組みと所得税の課税根拠の理解
  17. 国内源泉所得の種類と所得税の課税根拠I:株式関係所得
  18. 所得税の課税根拠II:利子所得、貸付金の利子、投資組合配当、不動産所得
  19. 所得税の課税根拠III:事業所得と原稿料収入
  20. 所得税の課税根拠IV:年金所得と退職所得
  21. 所得税の課税根拠V:保険料収入と給与所得
  22. 相続・贈与税の課税の根拠の理解
  23. 法人税の課税の根拠の理解
  24. 外国法人を設立し、日本支店を開設する方法
  25. 匿名組合と疑似外国会社:タックスシェルター
  26. 課税の根拠を無くす方法まとめI:居住地の変更と所得の源泉の変更
  27. 課税の根拠を無くす方法まとめII:所得の種類の変更
  28. 課税の根拠を無くす方法まとめIII:財産の所在地の変更
  29. 課税の根拠を無くす方法まとめIV:不動産保有会社株式の売却
  30. 何処で税金を納めるべきか
  31. OECDのオフショア規制の強化内容
  32. オフショアの選択の基準I:税制、政治的経済的安定性
  33. オフショアの選択の基準II:法人設立維持費用、外国為替規定、会社法規制
  34. オフショアの選択の基準III:通信手段、場所、弁護士会計士
  35. オフショアの選択の基準IV:租税条約
  36. オフショアの活用方法I:居住地の変更
  37. オフショアの活用方法II:国籍の変更
  38. オフショアの活用方法III:資産管理会社の設立
  39. オフショアの活用方法IV:資産管理会社の設立と持株会社設立
  40. オフショアの活用方法V:金融会社設立、販売会社設立、オフショアファンド設立、地域統括会社設立等
  41. タックスヘイブン対策税制の概要
  42. 日本のタックスヘイブン対策税制改正の変遷
  43. 移転価格税制及び過小資本税制
  44. 各種タックスヘイブン規制
  45. 事業別オフショア利用例:海外販売及び海外生産のケース
  46. 事業別オフショア利用例II:海外ソフト開発のケース
  47. 事業別オフショア利用例III:芸能人、芸術家等のケース
  48. 米国のタックスシェルター:LLC
  49. 日本のタックスシェルター:LLPとLLC
  50. クロスボーダーのタックスシェルター:M&A
  51. 国籍の喪失及び取得
  52. 最後に~実行の際の留意事項

特別レポートダウンロード

資産家のための資産防衛・承継方法

目次

株式会社ファミリーオフィス設立に際し、皆様へのメッセージを無料レポートとしてまとめさせて頂きました。ぜひ、一度ご高覧頂ければと存じます。

レポートをご希望された方はメールマガジンに登録させていただきます。

メールマガジン詳細

代表インタビュー

皆様にとって、最適のスキームは何なのか、資産の承継に係る哲学を基礎としたサービスに努めて参ります。