用語集

青色申告をしている事業者が赤字を計上した場合、その赤字を翌年度以降に持ち越して、黒字になった決算期に相殺することを可能とする制度です。個人事業主の場合3年間、法人の場合7年間、繰り越すことが出来ます。これを利用すれば、黒字の年度の利益を、過年度の赤字と相殺して、課税所得を減らし、ひいては税額を減らすことが可能となります。

相続又は遺贈(死因贈与含む)により財産を取得した場合に、その取得した財産の価格を課税標準とする税金であり、相続発生件数のうち約4%の割合で相続税が発生しています。

相続開始前に相続財産を贈与(生前贈与)した場合に、その取得した財産の価格を課税標準とする税金であり、相続税の課税回避を防止するために設けられた租税です。相続税の補完税と言われます。

平成20年5月に中小企業の事業承継の円滑化の促進を目的として設立された法律「中小企業における経営の承継の円滑化に関する法律」のことです。この法律は「遺留分に関する民法の特例」「事業承継時の金融支援措置」「新事業承継税制の基本的枠組み」をその内容としています。

ファミリービジネスにおける後継者の自社株取得に係る相続税・贈与税の納税を猶予する制度です。後継者には株式の継続保有や雇用維持などの条件が課されます。これらの条件が守れない場合には、納税猶予の期限が確定し、利子税とともに猶予税額を納付しなければなりません。しかし、納税を猶予された後継者は、さらに次世代の後継者に対する事業承継を完結すれば猶予税額が免除され、恒久的に税が免除されますので、利用価値の大きな制度です。

1   2

特別レポートダウンロード

資産家のための資産防衛・承継方法

目次

株式会社ファミリーオフィス設立に際し、皆様へのメッセージを無料レポートとしてまとめさせて頂きました。ぜひ、一度ご高覧頂ければと存じます。

レポートをご希望された方はメールマガジンに登録させていただきます。

メールマガジン詳細

代表インタビュー

皆様にとって、最適のスキームは何なのか、資産の承継に係る哲学を基礎としたサービスに努めて参ります。